UENO TOWN art MUSEUM RSS
HOME ABOUT US NEWS ARCHIVES OFFICE TAITO-KU MAP CONTACT
芸大が台東区のまちをミュージアムにする
head_pic_under.gif
上野タウンアートニュージアム リンクバナーはこちら
gray_bar_archives.gif
これまでの活動 (メニュー)  >  2008年度  >  事の縁2008  >  エキシビジョン
事の縁2008

アートプロジェクト 事の縁 2008 in SAKAMOTO *終了しました


会期|2008 年10 月18日〜11 月8日
会場|旧坂本小学校ほか、及び野外サイト数カ所
参加者|
保科豊巳、Perry Bard、Shin il Kim、Tomas lendvai
槙原泰介、石川卓磨、利部志穂、内田亜里、安藤孝浩、岡田賢司、西村雄輔、
岩井優、中村 宏太、赤坂 有芽、池田 拓馬、岩岡 純子、松田 直樹、高宮 宙志、鳥居 ルリ子、
野沢 裕、宮川 有紀、郝 明明、康妮、木下令子、友清ちさと、青山新、尾間翔子、梶岡ミナト、
原麻理子、藤村研二朗、渡部論誓(順不同)
プロジェクト原稿執筆:鷹見 明彦

本展は、環境、社会、アートをキーワードとして、現代の東京という場のサスティナビリティに対し芸術活動を通じ調査、研究、作品制作を進めていくプロジェクトです。上野周辺に点在する空き地、そして近隣の空き家、空きビルを拠点とし、最終的に発表の場として展開することにより、その場所の新たな活用方法を提案していきます。アートという手段で再び新しい価値を付け加えることにより持続的な新しいことがその場所に生まれ、循環型社会へと変化するきっかけとなり、またそれに気づいていくことを目的としています。



以下のリストより本プロジェクトの年度別アーカイブをご覧頂けます。

2009
2008
2007