UENO TOWN art MUSEUM RSS
HOME ABOUT US NEWS ARCHIVES OFFICE TAITO-KU MAP CONTACT
芸大が台東区のまちをミュージアムにする
head_pic_under.gif
上野タウンアートニュージアム リンクバナーはこちら
gray_bar_archives.gif
これまでの活動 (メニュー)  >  2008年度  >  町中アート  >  エキシビジョン
町中アート

「町中アート」展「町に僕たちは必要ですか」 *終了しました


会期|2008 年10 月18 日(土)〜11 月3 日(月)

会場|小島アートプラザを中心とした御徒町、上野界隈随所

参加者
[教授] 坂口 寛敏 [准教授] 小山 穂太郎 [教育研究助手]土屋 多加史、奥村 昭彦
[大学院生] 加茂 昂、加藤 翼、松井えり菜、林 潤秀、秋丸 知賀子、磯野 泰治
BARBARA DARLINg、コジマラジオ 他
お問い合せ : 東京藝術大学美術学部絵画科油画教員室[050-5525-2144]

内容|町にアートは必要なのか?この町の魅力とは?もっと町と近づく術は?
町に作品を持ち込む、その過程で生じる障壁はかならずある。その障壁を乗り越える為に必要なものとは。それは信頼であったり、気遣いであったり、コミュニケーションの実態そのものであるだろう。
町とアートについて考える前に、作品を町に持ち込んでコミュニケーションをとって飾ってもらう。見てもらう。
展示する場所を出品者自らが探し交渉する。その行為自体にこの展示の意義と、町とアートのリアルな関係を見つけていきます。




芸大&QCA/ 恊働企画 *終了しました


会期|2008 年9 月30日(火)〜10 月2日(木)

会場|旧坂本小学校

参加者|Russell Craig(QCA 講師)、芸大生約10 名、QCA 学生約13 名

内容|今年度より本大学と国際交流協定を結んだオーストラリアの美術大学、クイーンズランド・カレッジ・オブ・アーツ(以下QCA)との恊働企画。都市とアートをテーマに、QCA の学生達が台東区を中心とした取材によるフィールドワークを展開します。さらに、旧坂本小学校にてそれらの成果発表をし、訪れた方々と交流します。




コジマラジオ


活動期間|2008 年4 月〜2009 年3 月(通年)

場所|小島アートプラザ3階 304 号室

企画担当|BARBARA DARLINg、毛原 大樹
参加者|山口 功、渡辺 篤、安藤 瑠美、松岡 詩美、森 純平、石川 里美、升谷 絵理香、山城 有未 他

内容|ミニFM ラジオ局。台東区小島町の廃校をオープンなアトリエとして「美術」「建築」「音楽」を志している者によるワークショップやトークショー、コンサートイベント等を一年を通して企画、運営していきます。
それぞれの専門分野を活かし、日々アイディアを出し合いながらそれが実現して発信されるまでを学び研究していきます。



以下のリストより本プロジェクトの年度別アーカイブをご覧頂けます。

2009
2008
2007