UENO TOWN art MUSEUM RSS
HOME ABOUT US NEWS ARCHIVES OFFICE TAITO-KU MAP CONTACT
芸大が台東区のまちをミュージアムにする
head_pic_under.gif
上野タウンアートニュージアム リンクバナーはこちら
gray_bar_archives.gif
これまでの活動 (メニュー)  >  2007年度  >  彫刻アートプロジェクト  >  エキシビジョン - 2

彫刻アートプロジェクト 展覧会


「時空の街」 - カタチは呼応する -


会期|
2007年 10月 9日(火)〜 11月 11日(火)
前期 10月 9日(火)〜 10月 28日(日)
後期 10月 30日(火)〜 11月 11日(日)

場所|
東京電力 TEPCO 浅草館 1F

参加者|
小川 剛、木本 諒、坂倉 正紘、田中 辰秀、千葉 麻十佳、平子 志真、藤田 航、本郷 芳哉、
増井 岳人、室屋 裕一、柳原 絵夢

お問い合せ|東京藝術大学美術学部彫刻科 TEL[050-5525-2163]

      

東京藝術大学美術学部彫刻科では、これまで東京藝術大学美術館・大学美術館陳列館を展示空間として、1997 年から今日まで、現代における彫刻の在り方を問う企画展を提案し、学内及び社会に問題提起してきました。また、2005 年には東京電力テプコ浅草館の協力でテプコ浅草館で彫刻展を開催し、二万人という多くの来館者に好評を得ています。

本企画は、「時空の街」−カタチは呼応するーと題した展覧会を企画、街・人・彫刻のふれあいをテーマとした様々な彫刻と街の交差する場を展示会場として形成し、新たな彫刻のヴィジョンと人とアートのふれあいを提案しようとする試みです。出品作家については本学彫刻科教員、学生を中心として構成し展覧会を通じて社会との未来を見詰める展示を行います。

    

以下のリストより本プロジェクトの年度別アーカイブをご覧頂けます。

2009
2008
2007