UENO TOWN art MUSEUM RSS
HOME ABOUT US NEWS ARCHIVES OFFICE TAITO-KU MAP CONTACT
芸大が台東区のまちをミュージアムにする
head_pic_under.gif
上野タウンアートニュージアム リンクバナーはこちら
gray_bar_archives.gif
これまでの活動 (メニュー)  >  2007年度  >  彫刻アートプロジェクト  >  インフォメーション

彫刻アートプロジェクト


彫刻アートプロジェクトは「彫刻の風景−路地」、「時空の街」 ーカタチは呼応するー、「アトリエの末裔あるいは未来」展の3つの展覧会で構成されます。

「彫刻の風景−路地」|彫刻と地域との関係を考え合わせ、下町にかつて存在した「路地」といった狭いが興味深い空間をテーマに、昨年新設された上野の森美術館ギャラリーでの彫刻の展覧会を企画します。これは台東区の伝統的な下町文化の象徴である「路地」と今を生きる彫刻科大学院生との交感を主な目的とした実験的な試みです。

「時空の街」-カタチは呼応する- |街・人・彫刻のふれあいをテーマとした様々な彫刻と街の交差する場を展示会場として形成し、新たな彫刻のヴィジョンと人とアートのふれあいを提案しようとする試みです。出品作家については本学彫刻科教員、学生を中心として構成し展覧会を通じて社会との未来を見詰める展示を行います。

「アトリエの末裔あるいは未来」展|東京藝術大学美術学部彫刻科の名誉教授であった平櫛田中氏の旧邸は、台東区上野桜木町にあり、大正時代、横山大観らの援助もあって建てられたアトリエ兼住宅です。そこを会場とした彫刻展を
2006 年1 月に第一回展、同年12 月に第二回展を開催、その第三回展にあたる展覧会です。


彫刻アートプロジェクト

お問い合せ|東京藝術大学美術学部彫刻科 TEL[050-5525-2163]
展覧会会場|
上野の森美術館ギャラリー|東京都台東区上野公園1-2
東京電力 TEPCO 浅草館1F|東京都台東区西浅草2-27-7
旧平櫛田中邸|東京都台東区上野桜木2-20-3
map
 

年度別アーカイブ

以下のリストより本プロジェクトの年度別アーカイブをご覧頂けます。

2009
2008
2007